FC2ブログ

雪中走行の復活蒸機を撮影する貴重な経験をさせてくれた「磐梯会津路号」。この時は直前まで吹雪状態で、手はかじかむしピントも露出も訳わからなくなって撮った一枚です。厳冬期のC62重連やら、悪条件の中で傑作をものにされている諸先輩方には頭が下がります。


真夏の俯瞰は片道30分以内が鉄則ということで、深戸サイドに向かいます。ところが途中で忘れ物に気づき「まじか~」と立ち尽くして、しばし茫然。またこの道を登り返すのかと思ったら目眩がしてきました。
せっかくの絶景もカスミがかかりすっきりとはいきません。苦労のわりには成果の上がらない真夏の俯瞰なのでした。


暑中お見舞い申し上げます。
いきなりタイトルはNHKをパクりました。
この頃(昭和48年)は標準レンズ一本勝負でしたので、目で見た光景がそのまま写真になっていて記憶が蘇ります。暑かったけれど過ごしやすい九州の夏でした。フィルムはコダカラー、ケースが缶でしたね、捨てるのが惜しくて持ち帰ってきたはずですが、何処かに仕舞い込み行方不明です。


今日もばんえつ試運転の報告から。午後から一気に天気は回復、これは夕陽を味方につけるしかないと津川対岸の山に入りました。ところが時間を過ぎても一向に汽車を現れません。18時30分を過ぎたら帰り道も暗くなるので諦めようと話している中、やっと津川発車の汽笛が聞こえてきました。


長引く梅雨空の中、ばんえつ物語が試運転を行うということで、早速行って来ましたヘロ隊登山部。ですが、陽は出なくとも7月の山中は厳しいの一言、昼休みは昼寝をはさみ何とか二日間乗り切ってきました。
山間に響く汽笛とブラストは調子良さそうな感じでしたが、ダイヤの遅れがちょっと気になるところです。あと10日、万全の状態で本番を迎えてくれればと願うばかりです。

プロフィール

ginchan

Author:ginchan
筋金入りのB級蒸機ファン
雨男集団、ヘロヘロSL隊
不定期更新ご了承くださいませ

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
著作権について
ブログ内画像・記事の無断転載は固くお断りいたします。尚、リンクはフリーです。
雨男の天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新の記事
検索フォーム
最新コメント
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
BBS
お知らせ・画像の投稿はこちらの掲示板をご利用ください
ヘロ隊画像掲示板入口
  • RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ